読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IC_TOUCH21

タッチフットボールに関する記事を更新していきます!タッチフット以外にもフットボール関係やトレーニング、その他諸々の記事を投稿していきます!

2017シーズン開幕の直前に…

タッチフットボール コラム 管理者のつぶやき

IC_TOUCH21です。

長らくブログの方を更新できていませんでした。

 

さて、2月も過ぎて3月になりました。

東北では雪が溶け始めてきていて、本格的な屋外練習も始める事ができました!


f:id:ic_touch21:20170306154710j:image

すでに、関西、関東のチームの方々は屋外練習をしているようですが、東北でもできるようになるということは全国的なタッチフットシーズンとなったわけです。

そこで今回は、シーズンオン間近で気をつけることを一つ紹介します。

 

怪我の危険性

シーズンオフからオンになる時に気をつけるべきポイントの一つとして「怪我の危険性」が挙げられます。

 

これはどんなスポーツにでも言えることですが、雪国や冬季の練習などの理由で練習場所が体育館や室内練習場に変わっているチームの皆さんは特に注意が必要です。

まず、練習環境が大きく変わるので、今まで限られた空間で練習していたところから解放され気持ちも高まりますが、その瞬間が要注意です!

 

筆者である私も屋外で活動できるようになって間もない頃に怪我をしてしまいました、ボールの補給の際に跳びキャッチをしたのですが、バランスを崩して頭を地面にぶつけて脳震盪を起こしてしまったのです。

 

振り返ると自分の運動能力をしっかり把握してないから起きてしまった事なので自分に責任があったと感じています。

 

対策としてはまず、自分の運動能力の限界を知ることです。

どこまで飛べるのか、どれだけ走れるのか、どれだけ自分の可動範囲があるのかというのを実際の動きを元に知るという事です。

方法は様々ありますが、一つとしては持久走があると思います。

持久走では自分がどれだけ長い時間動き続けられるかというのが知ることができます。

その結果をもとにすると試合終了間際で無理せずプレーできるかどうかがわかってくると思います。

 

 

 

それぞれの能力を把握して、怪我せず無理せずにプレーをしてタッチフットを楽しめる環境を皆さんで作っていきましょう!

タッチフットに必要な道具やアイテムは?

タッチフットボール グッズ アイテム 紹介 ボール

IC_TOUCH21です。

 

今回はタッチフットを始めたい方向けの記事です。

タッチフットは比較的用意する道具やグッズの総額は安めだと思いますが、では何が必要になるでしょうか。

 

 

タッチフットをするためには?


タッチフットは野外で行うスポーツです。屋内と必要となる道具やグッズも異なります。

必須のグッズからあると便利なアイテムまで細かく紹介していきます!

1.必須になるもの

 

まず、必須のグッズは、「シューズ」です。シューズといっても陸上用のシューズではなく、サッカーシューズのような「スパイク」が付いているシューズがオススメです。

なぜ必要になるか?

フィールドで力をロスせずに走る、跳ぶ、踏ん張ることができるからです。

練習や大会が行われる会場によって変わりますが、基本的にサッカースパイクでプレイする人が多いです。また、サッカースパイクであると安いものは5千円からとお手軽な値段で買えるのも普及している証拠でしょう。

 

 

ただし、注意点としては「固定式」のスパイクであることが重要になってきます。

何が「固定式」なのかと言うと・・・靴底の出っ張り「クリーツ」と呼ばれる部分です。アメフトスパイクになってくるとこの「クリーツ」が交換できる「クリーツ交換式」のスパイクもあるようです。

www.qbclubstore.com

ちなみに「クリーツ交換式」のスパイクではタッチフットの公式戦には出場できません。

シューズは「固定式」のシューズをお買い求めください。

 

そしてもう一つ大事な「ボール」です。

東北ではアメフトボールを店頭で扱っているお店が少数(もしくは無い?)なので通販での購入をしています。

www.qbclubstore.com

アメフトボールのサイズは「オフィシャルサイズ」ではなく「ジュニアサイズ」です。そのため、フットボール未経験の人でも女性でも子供でもハンドリングが容易にできます。

ボールは何個あっても十分足ります、比較的安めのボールもあるので(通販の手数料的には)多めに買っておくのも一つの手段かと思われます。

ボールには素材の違いやレース(縫い目)の違いなど様々な種類があるのですが、個人的にオススメなのはこのボールです。

www.qbclubstore.com

ゴム製でレースが実際に縫われているタイプなので引っ掛ける指が滑りにくい!(と感じています)

実際の公式試合では「ボールは3個準備しなければならない」ので試合に向けた購入の際は3個以上をオススメします。

 

また、公式戦では「マウスピース」と「ニーパッド(膝パッド)」の着用が怪我防止のため義務付けられています。マウスピースやニーパッドに慣れない人もいますが練習中にも装着し、怪我を防ぎましょう。

 

 

2.本格的にしたいならこのアイテム

 

次にタッチフットを本格的にするために余裕があったら買っておこうレベルのアイテムを紹介します。

 

まずは、「グローブ」

グリップ力が上がるだけでなく、怪我防止にもなるグローブ。毎年新作のグローブが出ており、年々性能も上がってきている。安いものは5、6千円〜。通販サイトによっては過去のモデルも少ない数ながら販売している。カラーリングやデザインも豊富で、奇抜なデザインのグローブも存在します。

低コストながらもしっかりとしたグリップの効いたオススメのグローブはこちら↓↓↓

blitzshop.net

 

次に、「キックティー

何気にこれがあるとキックオフ時のプレースキックが容易にできる、パントが苦手なキッカーには超絶おすすめ。モノによっては1000円しないものもある。

www.qbclubstore.com

 

3.上級者向け、さらにタッチフットが楽しくなる便利グッズ

 

ここまで来るとまさにフットボールファン。むしろフットボールプレイヤーまっしぐらではないでしょうか?もちろん初心者の方も買っておくと便利なアイテムなので是非、購入を検討してみては?


まずは「リストコーチ」

私も今すぐ買いたいです。(諸事情につき、購入見送り中…)「リストコーチ」はハドルをまとめておけるので試合中にハドルを簡単にすぐ確認できます。また、QBだけでなくチーム全員が持つことで作戦の伝達が早くなり素早い攻撃も可能になります。

www.qbclubstore.com

 

次に「テリータオル」

普通のタオルでも代用できますが、あらかじめ短冊のような縦長に作られているため練習、試合ともに使いやすいです。特にQBの手の滑りを防いだり、試合中に汚れたボールを拭くためにも使用できます。

www.qbclubstore.com

 

最後に「アイチップ」

野球選手やアメフト選手がよく目の下に黒い線を入れているのを見ると思います、それがアイチップです。アイチップは太陽の光が頬に反射して眩しくなるのを防ぐものです。サングラスでも代用は効きますが、タッチフットは激しく動く場面もあるのでサングラスが苦手な方などはアイチップを使用してみるのもいいと思います。

www.qbclubstore.com

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか、自分に合ったシューズやグローブを揃えて楽しくフットボールをしましょう!

また、何もわからず困った!という方は近くでプレーしている方に相談してみるのもいいと思います!
IC_TOUCH21
でも今後メーカー別のアクセサリーやグッズに関しての記事をあげていきたいと思っています。紹介してほしい、教えてほしいなどリクエストがありましたらいつでもTwitter、メールで募集しています!是非ご連絡ください!

 

twitter.com

 

追記

公式大会へ向けての準備の上で少し補足

公式大会で必要になるものは、「ボール3個」「マウスピース」「ニーパッド」に加えて「1〜99番までの背番号付きの上下揃いのユニフォーム」が必要になります。

ユニフォームもアメフトのようなタイプでなくても全然大丈夫です。サッカーユニフォームのようなタイプでも全然大丈夫です。(むしろその方が多いはず)

ユニフォーム上のみをオーダーデザインで注文して、ユニフォーム下を市販のサッカーパンツでまかなうことでも可能です。

上下揃えても1万円ほどになるかどうかというところでしょう。今ではウェブサイト上で簡単にデザインできるので、是非オリジナルのユニフォームを!

teamorder.jp

このブログの形

タッチフットボール 管理者のつぶやき

こんにちは、IC_TOUCH21です。

今日のスーパーボウルは白熱したゲームでしたね!初めて生中継で見ました!

スーパーボウルについて感じたことは後日記事としてお伝えします。

 

今回はこのブログでの活動目標を少しお話しさせていただきます。

 

 

 

なぜブログなのか

なぜ、フットボール関係の「ブログ」を立ち上げたのかと言うと、「自分を磨く一つの場」としてフットボールと私を生かせる(かどうかはわかりませんが)一つのツールとしてこのブログを立ち上げました。

 

今後は、初心者向けの記事にも力を注ぎたいのですが、自分も始めて1年になる直前です。未だにわからないことや曖昧な部分もあります。

前回投稿したタッチフットボールのポジションについての記事も経験者、アメフトファンの方からすると稚拙な記事になっていたかもしれません。

細かく記事を練ることも不十分なブログ初心者ながらの記事になっているかもしれません。

 

ですが、それで完成でないということを皆さんにお伝えしたいのです。

 

自分は学業として学んでいる映像でも、完成しきるまでには沢山の失敗やミス、足りないところを補強して完成に近づけていきます。一発で完成ということは絶対にできないです。

自分で補強できることはなるべく投稿前に補強して、修正して、改善して投稿までにつなげていこうと思っています。

その中でも自分ではわかりきっていないことや知っていなかったこと他者から指摘されることがあれば指摘してもらい、直していこうと思っています。

今後も投稿前にも知り合いなどに見てもらい、校正して投稿しますが。間違いや異なる記述があれば是非メールやツイッターなどでメッセージをください。

 

(と言っても、自分がミスに気付かないことや知ったかぶりで書くこともあるので極力自分でも直しに気づく力を身につけていきます…)

 

その上で、初心者ながらもブログを立ち上げて記事を投稿する私を応援してくる方やこのブログを何かしらの形で見ている方から「こんなブログでこんな内容あったけど、どうなの?」からでもいいので多くの方々に見てもらい、記事を見て意見交換のネタにしてもらうなり、間違いがあれば直していき、応援のコメント頂いたらそれを糧にまた記事を書き上げるという形を目指していきたいと思っています。

 

皆様にとっての良いブログになり得るかわかりませんが、これからも是非、ご協力とご指摘の方をたくさんいただけたら嬉しいと思っています。

 

 

 

twitter.com

ブログ開設!自己紹介!

タッチフットボール 紹介 スポーツ

初めまして、IC_TOUCH21です!

このブログでは、タッチフットボールについての紹介を始めとした記事を更新していきます。

また、タッチフットだけでなく、フットボール関連、トレーニング、グッズレビューなど多種多様な記事も更新していきます!

一番最初の記事として、自己紹介とこのブログを立ち上げたきっかけについてをお話しさせていただきます。

 

 

<自己紹介>

 

名前 

 狩野 雄樹(Kano Yuki

「かの」と読みます。よく「かりの」さんや「かのう」さんなどと間違われやすいのですが僕は「かの」ですのでお間違えなく。

 

出身 

 宮城県栗原市

宮城県出身でありますが、東北の都会「仙台」とは離れておりむしろ岩手や秋田、山形との県境になっているのでそちらの方に行く方が近い?と思っています。

現在は大学に進学しているため、山形県に住んでいます。地元と近い雰囲気でとても過ごしやすいです。

 

モットー 

 「自分らしさで行こう」

自分は今まで周りの人間と同じことができないといけないと考えていましたが、高校二年生の時に出会った地元の先輩(自分より一回り上ですが)の誰にも左右されない、己の軸がブレない生き方を知り、その素晴らしさを実感しました。自分は自分しかいない、だからこそ自分らしく生きようとそう思うようになり。自分のモットーとしています。

 

タッチフットボールとの出会い

進学先にタッチフットがあったからと言うのが大きな理由ですが。元からスポーツを見る、するのどちらも好きだったので様々なスポーツを経験したいなと思っていました。小学校の頃は相撲とサッカー、中学校でサッカーと大会の時期だけ駅伝もしていました。高校では駅伝の影響もあり、陸上部で中距離専門で部活動をしていました。大学では楽しみつつも何か目標のある運動系サークルで体を動かしたいなと思っていた時に出会ったのがタッチフットサークルです。割とアメフトも好きだったのでアメフトの派生というかフットボールを特別な防具無しで楽しめるタッチフットをやっていみたいと思い、すぐにサークルへ入りました。

今ではタッチフットに出会ったことで人脈も広がったし、自分の新たな目標ができてとても良かったです。

 

まとめ

タッチフット歴は短いですけども、今までのスポーツ経験を活かして。プレイヤーとしてもこのブログの管理者としてもタッチフットを学び、盛り上げることができたらいいなと思っています!

ツイッターではブログアカウントがあるのでそちらの方もフォローよろしくお願いします!→#21 (@Ic_Touch21) | Twitter

FaceBookの方も本名でやっています、共通の友達がいる場合は承認させていただきますが、いない場合はメッセージを一言などいただけると承認させていただきます。

 

これからもic_touch21をよろしくお願いします!!!

 

 

追記(16/02/02)

なお、この紹介を書くにあたって参考にさせていただきました「RED ZONE」さんをここで紹介させていただきます。

qboekendorp.hatenablog.com

フラッグフットボールを中心にフットボールについての記事を書かれているブログです。何度も拝見させていただきました!ありがとうございました。